読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野佐根康太のヤマハワークス入りで思うのは

野佐根康太がヤマハワークス入りした。

 

野佐根といえば、ノリックの弟子なんて云われていて、チームノリックに所属していた。私の最も好きなライダーであるノリックが関わっているライダーなので、前々から注目していた。

 

2013年に、J-GP2クラスのチャンピオンとなり、2014年にMoto2クラスから世界デビューが決まったけれど、父親が亡くなった関係で参戦を断念。

しかし、JSBに参戦。そして、その走りが認められ、2017年にヤマハワークス入りが決定した。絶対王者中須賀も歳を取るから、中須賀がバリバリなときに若手を育てたいというヤマハの思惑もあるのだろうという憶測。そして、MotoGPのテストライダーもやるとのことで、さっそくこの前のMotoGPのテストを中須賀と共に走っていた。

そして、世界耐久選手権にレギュラー参戦することも決定。意外なところで世界デビューすることになった。できれば、Moto2から世界デビューして欲しかったけれど、せめてWSBに参戦して欲しい。野佐根の走りは観たことないから、世界で通用するか分からないけど。つーか、走りを観ても私には分からないと思うけど。

 

今は、全日本でチャンピオンになっても、世界へ行くことは難しい。ナウなヤングのライダーが夢を見るのが難しい時代。せめてメーカーは、世界選手権に参戦させるためにナウなヤングライダーとワークス契約してほしいものだ。一人の日本人を世界選手権で走らせるのに、幾らくらいお金がかかるのか知らないけれど、それが将来的にメーカーのためになるのだと思う。

メーカーは、MotoGPクラスで日本人チャンピオンが出ていない現状をどう考えているのだろう。どうでもいいのかな!?つーか、そんな余裕が無い時代なのかな!?